初心者でもわかるダイレクトメールの作成方法

ハガキや手紙タイプのダイレクトメールを作成するには、パソコンソフトを使うのが基本です。変形サイズのダイレクトメールや凝ったデザインのものを作成するには、本格的なドローソフトを使うのがおすすめです。しかし、一般的なハガキやA4サイズの手紙であれば、普及しているオフィスソフトでも十分に素晴らしいデザインのものが作れます。原稿が完成したなら、印刷会社に依頼するだけで完了しますが、ダイレクトメールは人に見てもらえるような内容に仕上げなければなりませんので、デザインや文章などを十分に考慮する必要が出てきます。突き詰めれば大変奥の深い技術を必要としますが、初心者でも実践できる基本的な作成方法が存在します。基本を忠実に守って作成すると、失敗が少なく無難に仕上げられます。

細かな目標設定をしてから作成に取り掛かる

いきなりダイレクトメールを作成するのではなく、初めに作成する目標を決めることが大事です。売上を伸ばすため、商売繁盛のために送付するのは誰もが考える内容です。もっと細分化して目標を明確にすることが重要です。商品カタログを作りたいのか、セミナーに招待したいのか、展示会への誘いや見込顧客の顧客リストを集めたいのかなど、目標には色んな種類が存在します。見込顧客ではない別の対象を選び抜いたり、固定客へのお得なサービスの紹介などにも、ダイレクトメールが活用される場面は多くなっています。目標が違ってくると、自ずとダイレクトメールの内容も目標に合わせて工夫した画像の使用や文章の内容で作成するようになります。基本中の基本ですので、じっくりと時間をかけて目標設定をしましょう。

ターゲットを明確にしてダイレクトメールの内容を決める

目標が決まったら、ダイレクトメールの内容を誰に読んでもらいたいのか決めるようにします。ターゲットとして主に潜在顧客、見込顧客、既存顧客の3種類が存在します。潜在顧客はまだ会社や店舗、サービスの存在をよく知らないターゲットです。新規店舗や既存店舗への来店を誘ったり、商品やサービスをアピールする内容に仕上げると効果的です。見込顧客はある程度興味を持ってくれているものの、まだアクションを起こしていないターゲットになります。アクションを起こさない理由をアンケート形式のダイレクトメールでデータを集めるなどして、アクションに結びつける効果的な内容で作成するのがコツです。既存顧客は既に利用しているターゲットですので、固定化させるための努力が必要になります。いち早く新商品を紹介したり、クーポンの発行など、特典付きの内容にすると効果的です。

DM印刷、宛名印字、発送込。郵便料金が最大44%オフ!広告郵便物の申請手続OK。電話サポートで安心。 メールでのお問合せは24時間受付中です。 最安で、安心のDMの作成、宛名印字、郵便料金、全てご提案できる体制が整っております! Dmパックサービスでは印刷・加工から投函まで7~9営業日で完結いたします。 圧着はがきDM印刷、印字、発送まですべておまかせ! ダイレクトメールは印刷から発送までお任せください