ダイレクトメールのいろいろな作成パターン

ダイレクトメールのいろいろな作成パターンをチェックして、より効果的なアクションにつなげていきましょう。商品売上向上のためにも、お店の売り上げをアップさせるためにも、一度でも利用をした顧客には、購買意欲を掻き立てて、商品を購入してもらわなくてはなりません。美容や健康を売りにしているならば、サービス施設へと足を運んでもらわないことには、継続的な売上にはつながりにくくなります。そこで昔からあるやり方ではありますが、ダイレクトメールは今でも、ベタなやり方ではありますが、効果はやり方次第で絶大にもなります。単に差仕出し名を記載して封筒やはがきを送るだけでは、印象には残りにくいものです。顧客の意識を揺るがすような、何かを封筒にはプラスする必要があります。

ダイレクトメールにはいろいろなパターンがある

ダイレクトメールのパターンとしてスタンダードなのは、シンプルな封筒に会社名などを記載して、開封をして初めて中身を理解するパターンです。しかしこれは、そのサービスをしばらく利用していない人にとっては、もう利用はしていないので、うっとうしいと思われがちなケースでもあります。頻繁にその商品を購入していたり、会員としてお金を落とす人だったら、何か新しいサービスのお知らせかもと、飛びつくこともあるでしょう。あまりその期待は大きくはないのが、従来通りの開けてみないと中身がわからないお手紙です。お金関連の封筒なら嫌でも開けるでしょうが、商品紹介などのお知らせであれば、最近利用をしていないというお客さんは、捨ててしまう可能性がかなり高いですし、この機会に解約を申し出るかもしれません。

ダイレクトメールのパターンとして工夫も必要

ダイレクトメールのパターンとして、封筒にメッセージを入れるのは、一つのアイデアです。また、ヘッドコピーで顧客の興味を引くことで、中身を読まずにはいられなくさせるでしょう。ヘッドコピーで関心を引いて、顧客の悩みを明確化していきます。そしてその悩み解決をする方法を、中に記載するというパターンです。中のメッセージには悩み解消を提示して、商品を並べるわけです。顧客は欲しい気持ちが湧き上がってきますので、ベネフィットを紹介していくというパターンです。だんだん読み進めると欲しい気持ちにアクセルがかかりますので、その加速を購買欲にも結びつけることになります。さらに購買意欲を押すためにも、プチギフトをいれておくことです。商品のサンプル品でいいので、得した気分にさせるのも手です。