ダイレクトメールのメリットとデメリット

ダイレクトメールというのは古くから使われている販促のひとつであり、それだけに大きなメリットがあるものとなっています。一番大きな利点としては費用をかけずに販促をすることができるという点であり、大量に印刷をして多くの人に配布をしてもそれほど費用がかかるものではありませんから、お金をかけずに販促をすることができます。更にどれだけの反応があったのかということも正確に知ることができるので、効果を実感しやすいのもメリットとなります。
一方の欠点としては効果がそれほど高いものではないということで、基本的には興味がありそうな相手を狙ってダイレクトメールを送付することになりますが、それでもどの程度目を通してもらうことができるかは未知数であり、目を通されずに捨てられてしまうことも少なくありません。

安価で効果的な販促をすることができる

ダイレクトメールはターゲットを絞って、直接広告をおくる方法でありそれほど費用をかけることなく販促をすることができるので、あまり経費をかけることができないという時に便利です。送付するものは紙ですから、大量に印刷をしたとしてもそこまでお金がかかるわけではありませんし、送料に関しても重量物ではなく大口割引などもきくので安く済ませることができます。そのため、安価でサービスなどの宣伝をしたいという時には非常に効果的な方法となるのです。ターゲットを絞って送付をすることによって送付をすることで、効果を高めることもできるので最小限の費用で最大限の効果を引き出すことができうる優れた方法となっています。直接手にとって見ることができる媒体というのは、相手に伝えたい事を伝えやすいという利点もあります。

必ずみてもらうことができるとは限らない欠点がある

ダイレクトメールのデメリットとしては、相手が必ず見てくれるとは限らないということです。興味を持っていそうな相手を対象として送るものではありますが、このような広告の類は一切見ないという人も少なくありませんから、ただ無駄になってしまうということも少なくありません。むしろ、大半の人はほとんど目を通すこともなく処分をしてしまうケースが多いので、効果自体はそれほど高いものではありません。数を多く送ることができるので成功率の低さを数でカバーをすることができますが、単純な販促としてはそれほど効果が高いわけではないという欠点があります。そのため、ダイレクトメールを送るときには相手の反応をよく分析をして効果がありそうな相手を厳選して、送ることが重要となります。