ダイレクトメールの作成に重要なポイントを解説

ダイレクトメールにはいくつかの種類がありますが、いずれの場合にも作成に重要なポイントとしては、相手に知らせたいサービスや商品をいかに魅力的に見せ、購買に繋げるかにあります。このため宣伝したいサービスや商品によって構成を工夫することが大切です。ポイントとしては目的を明確にし、また送付するターゲットを絞るという2点です。ダイレクトメールでは購買に繋げることが最終目的になりますが、その場で売りたいものを内容とするか、将来的なサービスを告知するかといった違いがあります。また売り込みたいサービスや商品は必ずしも万人向けのものではありませんので、それぞれサービスと商品に合わせたターゲットに絞って送付することで無駄な送付を減らすことにより、より効率的に行うことができます。

ダイレクトメールの種類のメリットとデメリット

ダイレクトメールといえば郵送で送るものが一般にはイメージされますが、郵送以外にもファックスや電子メールを使ったものもあります。郵送の場合にはもっともコストが掛かる手段ですが、それだけ多くの情報を送付することができますし、フルカラーで送ることもできます。このため、カタログなど多くの商品点数を載せているものを送付するのには向いています。
一方で、郵送の場合には相手に届くまでに時間が掛かるため迅速性という点では弱みがあり、その点ではファックスや電子メールの方が強みがありますが、ファックスも電子メールも送ることができる内容は限られます。特に電子メールの場合にはコストが低いものの開封率も低いデメリットがあります。またどのような方法のダイレクトメールでも継続的に送る場合に効率よくするため分析が重要になります。

無駄を極力なくすダイレクトメール作り

ダイレクトメールでは、魅力的なものであることをアピールすることが重要です。このため相手に対して、サービスや商品に対しての説明を長くせず、簡潔に行うことがポイントになります。一方でいくら魅力的なものであってもそれを必要としていない人にとっては、いくら送付しても無駄になります。このためダイレクトメールの無駄をなくすためには、レスポンスを分析して優良顧客を獲得して、それらに合わせて送付することが重要です。一方で、継続的なダイレクトメールの送付ではなく、ある期間だけ集中的に送りたい場合にターゲットを絞るポイントとしては性別と年齢が大まかな区別になります。これらに合わせるだけでも無駄を省くことが出来ます。またある期間だけの送付であってもレスポンスを分析することで、そのサービスや商品の実際のニーズを推し量ることができ、次に活かせることができます。